株式会社 鈴木工務店 ものがたり奏でる家

営業時間:09:00~17:30(月)~(土)祝祭日休

スタッフブログ 鈴木工務店のつれづれなる出来事

トップページ > ブログ >  > 流転 福島&チェルノブイリ

スタッフブログ

流転 福島&チェルノブイリ

料亭チェルノブイリと福島で起きた原発事故の取材を続けている

写真家中筋純さんの展覧会「流転 福島&チェルノブイリ」を観てきました。

彼が言う「風景は黙して語る」という言葉に、

これぞ究極の見える化では?と心打たれたからです。

 

新聞で紹介されていた福島原発で放置された料亭の室内等、

廃墟と化している街々に心痛める以上に、

意外にも想定外で、私の心に残ったのは、

人々がいなくなったその跡地に、強く根付く植物のパワーでした。

 

例えば中筋さんが『太古の地球の姿』を感じたというチェルノブイリでの、

ニョキニョキと生えてきた1本のキノコであったり、
誰も住まなくなった部屋の床から、割って出てきた植物であったり、
走らなくなった線路の上を、『かさぶた』のように覆うグリーンなどなど・・・

 

「風景は黙して語る」
津波地震は、自然の脅威でしたが、
皮肉なことに『かさぶた』と表現していたように、

私達はその自然にまた、癒されるもするという現実・・・

 

地球においては、ある意味、人間だけが愚かな行いを繰り返しているのかもしれません。
自然の前でも、ちっちゃな自分・・・反省です。(西野博子)

線路緑きのこ