株式会社 鈴木工務店 ものがたり奏でる家

営業時間:09:00~17:30(月)~(土)祝祭日休

スタッフブログ 鈴木工務店のつれづれなる出来事

トップページ > ブログ >  > 「繁柱の家 & 愛妻家の家?」

スタッフブログ

「繁柱の家 & 愛妻家の家?」

スタッフブログ

先週、可喜庵で講演をしてくださった深尾精一先生のお宅へ

8日月曜日に設計のものと、みんなでおじゃまして来ました。

先生のお宅は、「繁柱の家」とネーミングされ、日本建築学会作品選奨にも選ばれたお宅なので、

みんなで、興味津々、押しかけてしまったというわけです。

設計のことは、ど素人の私でさえ、

天井、壁、床が、柱でつながった空間は、斬新的で、それでいて落ち着く不思議なものでした。

深尾1深尾2

またお嬢様同居を機に、今回新しくリノベーションされたエリアも、とても素敵でした。

なかでもこの奥様のワーキングスペースがとても印象的でした。

普通、棚の扉は平面に施工されているものですが、ご覧の通り、上の棚が一番飛び出ていて、

一番下の棚が奥にひっこんでいます。

こうすることによって、手がけが出来、開け閉めが楽とのこと・・・

なるほどなぁ~と関心してしまいました。

また一番下の一つが鏡になっていて、女性として嬉しい配慮です。

このワーキングスペース、キッチンの横に設置されているので、日々の生活のし易さが想像できます。

ジェントルマンの風貌の先生は、きっと愛妻家なんだろうなぁ~と、勝手に、

この棚を拝見して、想像してしまいました。(西野博子)

棚1棚2