株式会社 鈴木工務店 ものがたり奏でる家

営業時間:09:00~17:30(月)~(土)祝祭日休

WORKS

トップページ > WORKS > 設計レポート > 天空の家

建物完成見学会のときに、担当者が住まいについて、イラストや写真を用いて解説しています。

天空の家


第三回 「1階と2階、どちらを選びますか?」

眺望と各部屋の配置、1,2階の配置
生活の中心(居間・食堂)を2階に
設計をするにあたって、まずはじめに考えるのが
'主となる空間'をどこに置けばよいのかということです。
主の空間とは一般的には、家族が集まる居間や食堂・台所のことですが
生活の中心をどこに置くのかということは
どのような暮らしがしたいのかという、その家のテーマそのものともいえます。
家族構成や生活スタイル、または敷地環境などを複合的に考え
1階と2階どちらかを選択するわけですが
この家では迷うことなく2階を選びました。


第二回 コラム「愛すべき細部」


建物を考える上で、いわゆる間取りなど、大きな視点から見ることも大事ですが
その家への愛情という意味では、日々目にし、手の触れる細部に
どれだけ親しみを持つことができるか、
ということも大切な要素であると思います。


Exif_JPEG_PICTURE 1.穴倉のようなワークスペース

ひとは
時に囲まれた、狭い場所に入ってみたくなるものではないでしょうか。
階段の踊り場を利用したこのワークスペースは、本を読み、書き物をするには格好のスペースです。

恵まれたこの高台の見晴らしを、どんな風に活かそうか。
内と外を繋ぐために何を仕掛けるか。
そして愛すべき細部を設えた家ができました。

第一回 「敷地と建物の形状」

tenku
建物はその場所に合わせた形を造り出す必要があります。
その地域の気候風土はもちろんのこと、周囲の状況や、日の当り方、風向きなども考慮しながら
建物の形を決めていきます。
例えば、見晴らしのよいこの高台の敷地では、良い景色が望めるというメリットと同時に、
風当たりの強さなどにも配慮しなければなりません。

風を受けにくくするにはできるだけ屋根を低く抑え、抵抗の少ない形がよい。
けれども夏の日差しや雨の吹き付けを考えると、
ある程度は軒の出があったほうがよい
といった具合に、試行錯誤を重ねながらこの形が導き出されました。
切り立った傾斜地に建ち、今まさに飛び立とうとも見えるその姿は
まさに「天空の家」です。