株式会社 鈴木工務店 ものがたり奏でる家

営業時間:09:00~17:30(月)~(土)祝祭日休

WORKS

トップページ > WORKS > 設計レポート > <7< 「ギャラリー WA-ON(わおん♪)」

建物完成見学会のときに、担当者が住まいについて、イラストや写真を用いて解説しています。

<7< 「ギャラリー WA-ON(わおん♪)」


第三回 「住み継ぐための可変性」


3
・スケルトンインフィル
スケルトンインフィルとは、構造壁と非構造壁を別けて考える工法です。
非構造壁は、将来変わりうるライフスタイルに合わせて、つくり変えることが可能です。
この家の非構造壁である間仕切り壁は、取り外しが可能なつくりになっています。

・暮らしながらつくる
「住宅は永遠に未完成である」とういう考え方があります。
工夫し、暮らしていく部分を残すことで、
住人が潜在的にもつ、暮らしの創造力を引き出すことで、
家族構成が変化する暮らしにも、必要に応じて、つくっていくと考え方です。

・現在と未来
この家を設計していく中で、家族構成が変化する暮らしに対しても
豊かな想像を膨らませておりました。
現在、祖母+夫婦+子供4人 計7人が住み始めますが、
遠くない未来の暮らしは、一体どうなるでしょうか?


第二回 「ひとつ屋根の下でつながる空間の工夫」


▼つながる天井
  • 壁の高さを抑えるOLYMPUS DIGITAL CAMERA
  • 壁に開口部を設けるOLYMPUS DIGITAL CAMERA
  • 床・天井に抜けをつくるOLYMPUS DIGITAL CAMERA


▼居場所のありか
  • 廻り階段と書斎OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  • 吹き抜けと本棚OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  • 風景とコーヒーカウンターOLYMPUS DIGITAL CAMERA

shouanri7DM
この家のタイトルは「 <7< 」です。
現在7人家族で、暮らしがはじまりますが、
家族構成が変化した場合も、
ひとつ屋根の下で大らかに暮らすことが可能である家という
想いが込められています。

 

 

第一回「7人がひとつ屋根の下で暮らすこと」

旧家にて、1階に祖母、2階に夫婦+子供4人 合計7人が暮らしていました。
家族の暮らしの変化に伴い、
各々の距離感を見据え直すため、家を建替える事を考えました。

敷地は西方向へ見晴らしの良い、小高い場所です。
加えて、住み慣れた場所であるため、日当たりや風の通りをよく知っている場所でもあります。

・各々に個室を確保しつつも、つながりのある快適な暮らし
・将来を見据えた可変性のある空間
大きくこの2点がこの家の設計課題でした。

母親の家族への愛情と、父親の粋なアイデアを素に、
家族力ともいえるおおらかな暮らしをベースに設計を進めました。

この家の計画では、従来の居間や各個室をつなげていく設計方法ではなく、
ひとつ屋根の下の大きな空間に各々のスペースが点在・共存するようなつくりを考えました。

各々の空間がつながっているため、見た事のない広がりのある空間となり、
どこにいても、家族の気配が感じとることができます。1