株式会社 鈴木工務店 ものがたり奏でる家

営業時間:09:00~17:30(月)~(土)祝祭日休

鈴木のヒト

トップページ > 鈴木のヒト > 鈴木 亨

「桃李不言 下自成蹊」史記の言葉で、桃の木の下には自然に人が集まり道ができることから、自然に人がしたい寄ってくることのたとえ。そんな家づくりをめざしています。

鈴木 亨

代表取締役 一級建築士

可喜庵亭主ブログはこちら

子供心に残る風景に、家の前に広がる田圃の先をこげ茶色の二輌連結の電車が走っていました。

一輌はボーとした白熱電球、もう一輌は明るい蛍光灯の米軍(進駐軍と呼ばれていた)専用車。その車内の明るさの違いに驚きと憧れを抱いたものです。

イギリス、フランスでの暮らしは歴史の重厚さの中に明るさがありました。歴史を残しながらも暮らしの変化に応じて趣を大きく変える発想力と情熱を感じました。

高度成長の日本は過去の一掃が当たり前のように進んでいました。自分たちの過去が消え失せていく寂しさを感じ、生家の茅葺の家「可喜庵」に愛着を持ち「普通の家」の素晴らしさを理解するようになりました。

二つの原風景が心の風景となり、残したくなる「普通の家」を創る楽しさを感じています。