Event家と暮らし方を発見するイベント・セミナーのご案内

トップ>イベント>可喜くらし連続講演企画 第4期『ありものいかしの旅』①

2018年6月2日(土) 開催可喜くらし連続講演企画 第4期『ありものいかしの旅』①

受付中

第1回 6月2日(土)14時〜16時

『記憶をたどることばの旅』

朝日新聞メディアプロダクション 校閲事業部長/

ことばの場「マジ文ラボ」主宰/ビジョンクリエイター/作家

前田 安正

<可喜くらし>は芸術・建築を中心に、暮らし、地域や場所の記憶を未来に引き継ぐことを目的としたサロン。住いの素形のような空間で無心に喜びや発見を分け合い「可喜(かき)」の輪を繋げる場を目指しています。シリーズ 第4期のテーマは『ありものいかしの旅』。連続企画の第一回目は朝日新聞メディアプロダクション 校閲事業部長でビジョンクリエイター/作家の前田 安正(まえだ やすまさ)氏を講師に迎えます。

朝日新聞の校閲(こうえつ)部門を長く担当してきた前田氏。現在、同紙水曜夕刊に「ことばのたまゆら」という連載コラムを執筆し、移りゆくことばを探訪しています。「マジ文章書けないんだけど」(大和書房)等多数の著書は、多くの人に書くことの楽しさを伝え共感を得ています。人間は「ことば」で思考し、想像から創造へと翼を広げていきます。「ことば」は未来を作っていくのです。記憶を辿り、自己認識を探り、他者との関係を築き、世界観を創る「ことば」について考える場を開きます。     (企画協力 高月純子)

講師の方のプロフィール
◆前田 安正  (まえだ やすまさ)
朝日新聞メディアプロダクション 校閲事業部長/ことばの場「マジ文ラボ」主宰/ビジョンクリエイター/作家。
早稲田大学卒業後、朝日新聞社入社。名古屋本社編集センター長補佐、大阪本社校閲マネージャー、用語幹事、東京本社校閲センター長、編集担当補佐兼経営企画担当補佐などを歴任。主な著書に『漢字んな話』(共著・三省堂)、『きっちり!恥ずかしくない!文章が書ける』『「なぜ」と「どうして」を押さえて しっかり!まとまった!文章を書く』『間違えやすい日本語』(すばる舎)、『マジ文章書けないんだけど』(大和書房)、『3行しか書けない人のための文章教室』(朝日新聞出版)など

 

 

お申し込み方法

■日時:2018年6月2日(土)開場13:30〜 講演14:00〜16:00
■会場:可喜庵 (鈴木工務店敷地内)東京都町田市能ヶ谷3丁目6-22
※小田急線「鶴川駅」北口徒歩8分   ( ※駐車場はありません)

TEL : 042-735-5771 FAX: 042-735-3323

■定員:40名(予約制)
■参加費 :各回/一般2,000円 学生500円(ワンドリンク付)
■地図アクセス:https://www.suzuki-koumuten.co.jp/kakian/acccess
■申込方法:メールにて①講演会参加日/②参加される方のお名前/③一般/学生の区別(勤務先/学校名記入)/④当日の緊急連絡先(携帯・メールなど)をご記入の上、kakian@suzuki-koumuten.co.jp(担当:畑野)までお申し込み下さい。