Event家と暮らし方を発見するイベント・セミナーのご案内

トップ>イベント>可喜くらし連続講演企画 第4期『ありものいかしの旅』

2018年7月7日(土) 開催可喜くらし連続講演企画 第4期『ありものいかしの旅』

受付中

特別編 7月7日(土)14時〜16時

『ウルグアイのこと 日本のこと』

− つなぐ建築の旅 −

建築家

塚田 眞樹子

<可喜くらし>は芸術・建築を中心に、暮らし、地域や場所の記憶を未来に引き継ぐことを目的としたサロン。住いの素形のような空間で無心に喜びや発見を分け合い「可喜(かき)」の輪を繋げる場を目指しています。シリーズ 第4期のテーマは『ありものいかしの旅』。連続企画の特別編として建築家の塚田 眞樹子(つかだ まきこ)氏を講師に迎えます。

「地球や街並みへと滑らかに参加できる建築づくりを目指したい」。建築家・塚田眞樹子氏の作る空間は「住まうこと」の次元を拡張する。そこには美しさと心地よさだけではなく建築を介して人と人、人とまち、人と地球とをつなぐ挑戦がありました。その挑戦は  国内・外からも注目されています。塚田氏は北海道大学建築学科で構造を専攻し、卒業後に大林組入社、その後、竹山実氏と坂茂氏、二人の建築家の元でデザインを学ばれました。その行動力と自由な発想、緻密でありながらも大胆な建築を実現するエネルギーの原点は何か。今回は、今年4月に南米のウルグアイの大学に招かれた経験を通して、地球上で日本から最も遠く離れた国への旅の話を伺います。   (企画協力 高月純子)

 

講師の方のプロフィール

塚田 眞樹子  (Makiko Tsukada)

◆プロフィール
1961 北海道生まれ
1986 北海道大学工学部建築工学科 構造第二講座卒業
1986-89 大林組構造設計(構造設計担当)
1989-93 竹山実建築綜合研究所(意匠設計担当)
1993-94 坂茂建築設計(意匠設計担当)
1995 塚田眞樹子建築設計

◆ 作品  *( )内は掲載誌の一部
1996  M&M House (新建築社/ jt 9612)
1998  L&L House (新建築社/ jt 9901)
2000  U&U House (新建築社/ jt 0011)
2003  G&G House (新建築社 / jt 0305)
2003  F&F House (新建築社 / jt 0305)
2004  V&V House (新建築社 / jt 0408)
2006  Z&Z House (新建築社 / jt 0607)
2008  S&S House (新建築社 / jt 0810)
2008  Kondo House (新建築社 / jt 0811)
2010  Shakujii Pleats (新建築 1102)
2010  Kozuki House (新建築社/ jt 1102)
2012  Tunnel House (新建築社 / jt 1207)
2013  Grass Cave House (新建築社/ jt 1405)
2014  Sukima Atelier (新建築社 / jt 1509)

 

お申し込み方法

■日時:2018年7月7日(土)開場13:30   講演14:00〜16:00
■会場:可喜庵 (鈴木工務店敷地内)東京都町田市能ヶ谷3丁目6-22
※小田急線「鶴川駅」北口徒歩8分
※駐車場はありません
TEL : 042-735-5771  FAX: 042-735-3323
■参加費 :各回 / 一般2,000円 学生500円(ワンドリンク付)
■地図アクセス:https://www.suzuki-koumuten.co.jp/kakian/access
■定員 :40名(申込制)
■お申し込み : kakian@suzuki-koumuten.co.jp
①お名前  ②一般/学生の区別(学生は学校名記入) ③当日連絡先(携帯・メールなど)
①〜③をご記入の上、メールに送信してください。 (担当:畑野)