Event家と暮らし方を発見するイベント・セミナーのご案内

トップ>イベント>可喜くらし2022-23・第1回きんじょの本棚「人とまち、くらしをつなぐ、ちいさなきっかけ」

2022.6.4(土) 開催可喜くらし2022-23・第1回きんじょの本棚「人とまち、くらしをつなぐ、ちいさなきっかけ」

受付中

「きんじょの本棚」は本をどこで借りてどこで返してもいいまちの本棚

その仕組みを面白がって口コミで広がり、昨年(2021年)は70件が取り組みをはじめ、現在全国約100か所以上で展開中。店主として参加する人は、個人、商店、幼稚園、お寺、教会、町内会など様々。FacebookなどのSNSを利用した店主や利用者の交流も生まれています。今回は、ファウンダーのきんじょうみゆきさんに活動の広がりと可能性についてお話いただきます。

「町田を中心に、個性的な店主がちょっとした贈与の気持ちでおもしろがって始めた活動です。地域との思いもよらないつながりを生むだけでなく、自身のアウトプットの場、地域の見守りの場に展開中です。是非その活動に触れて、何か行動を起こすきっかけになっていただけたら嬉しいです」--きんじょうみゆき

【話者プロフィール】
きんじょうみゆき・ブックコーディネーター/本等(ほんとう)のプロ

町田市在住。民間図書館勤務。2020年5月緊急事態宣言中の図書館閉館時に、本が手に取れる場所として「きんじょの本棚」の提供を行う。2022年5月現在、参加者(箇所)は町田市を中心に全国100か所以上に。有志による活動「きんじょの本棚まつり」「ラジオ部」などの自発的な活動もサポート。
きんじょの本棚HP

***

■日時:2022年6月4日(土)開場13:30 、開始14:00~16:00
■会場:可喜庵 (鈴木工務店敷地内)東京都町田市能ヶ谷3丁目6-22
※小田急線「鶴川駅」北口徒歩8分  ※駐車場はありません
■お申込み方法は下記をご参照ください。
※新型コロナウィルス感染拡大防止対策の状況によっては内容、開催方法の変更、延期となる場合がございます

***

「可喜くらし」は、地域とつながるくらしと文化を発信します

可喜くらしが目指すこと

すむ人、つくる人、つかう人、鶴川&近接エリアをおとずれる人、環境、それぞれ(へ)の想いがあること。地域に点在する想いと実際の活動がつながり、線となり持続可能な社会へと、面としてひろがっていくことを目指します。

2022‐23年のテーマ
「いえを、くらしを、まちを楽しく」

たのしむ“きっかけ”を地域で活動する人やことの中に見つけます。可喜くらしはお話を聞くだけではなく、実際にトライしてみるなど、住んでいるまちをたのしむ人が増えたり、つながりが広がる場を目指しています。お気軽にご参加ください。

可喜くらし2022スケジュール

※コロナ禍で不定期となっておりますが、本年度は6月4日(土)に第1回を開催します。第2回は9月、第3回を12月に開催予定です。詳細は後日アップ。お楽しみに。

 

お申し込み方法

■日時:6月4日(土)開場13:30 、開始14:00~16:00

■会場:可喜庵 (鈴木工務店敷地内)東京都町田市能ヶ谷3丁目6-22

※小田急線「鶴川駅」北口徒歩8分 ※駐車場はありません

TEL : 042-735-5771

■参加費 :各回 / 一般1,000円 学生500円

■地図アクセス:https://www.suzuki-koumuten.co.jp/kakian/access

■定員 :15名(申込制)※状況により変更の場合あり

■お申し込み :kakian@suzuki-koumuten.co.jp (担当:畑野まで)

①お名前  ②一般/学生の区別(学生は学校名記入) ③当日連絡先(携帯・メールなど) ④お住まいの地域(町田市、世田谷区など)

①~④をご記入の上、メールに送信してください


<新型コロナウィルス感染拡大防止対策について・ご協力お願いいたします>

*発熱(微熱含む)、体調不良が見られる場合にはご来場をご遠慮ください
*ご入場時の検温、手指の消毒(会場に用意がございます)、マスク(ご持参ください)の着用をお願いいたします
*イベント参加後2週間以内に感染が確認された場合にはご一報へのご協力をお願いいたします(弊社参加社員で感染が確認された場合にも連絡させていただきます)
*状況により日程や開催方法(オンライン等)が変更となる場合があります

<会場では下記を徹底してまいります>
・ドアノブの消毒、および社員の健康観察、マスクの着用
・計画換気、常時換気(窓の開放)の実施