Works家と暮らしの「たてものがたり」
[事例ご紹介]

トップ>Works>三世代同居の家

たてものがたり三世代同居の家

  • 家族構成:両親+長女+息子夫婦+子供1人
  • 三世帯
  • 平坦地

所在地:町田市金井町

敷地面積:162.50m2

延床面積:112.80m2

竣工年:2015年

主な仕様:三世帯住居

お客様の声

「土地のちから」を改めて知る家づくり E様

木を身近に感じられる暮らしがしたかったので、鈴木工務店の木の家づくりには最初から共感していました。敷地は緑道に面していて、夏は心地いい木陰をつくってくれます。そうした、土地のちから、環境の良さを種に花開いた家だと思っています。家族皆のお気に入りは、ダイニングの吹抜けに設けた窓から見える緑の景色です。

我が家は三世帯が集う家ですが、1階の水まわりとLDKを共用で使う普通の間取りです。その分、皆がくつろぐ空間にゆとりを持たせたかったので、竣工後にリビング・ダイニングにつながるデッキの増設を頼みました。木立に手が届くデッキで過ごす時間は本当に気持ちがいいです。あたたかい季節は裸足でデッキに出ますから、一部屋増えたイメージです。増設部分と既存部分の納まりもきれいで満足しています。

設計のポイント

三世代・三世帯の暮らしと緑のシークエンス

家族構成は三世代・三世帯ですが、プランには多世帯住宅といった特徴はありません。シンプルに、みんなが集まる場所とそれぞれ個人のための場所を計画しています。特殊解ではない、将来的な暮らしの変化にも対応できる家を考えました。

1階にはご両親の部屋と水まわり、みんなが集まるリビング・ダイニングを配置。ダイニング上部の吹抜けが、1階と個室を配した2階をつなぎます。

緑道に面したこの家には、開口部が風景画のように緑を切り取って見せることと、時間の移ろいで変化する光と緑の表情を捉える工夫があります。大きな開口部を備えた吹抜けから木漏れ日が差し込み、風に揺れる緑を仰ぎ見ることができます。2階への階段を上りきると、吹抜け上部の窓からはまた違う表情の緑が眺められ、個室の窓もそれぞれ異なる景色を切り取るなど、家全体に豊かな緑のシークエンスをつくり出しています。