Works家と暮らしの「たてものがたり」
[事例ご紹介]

トップ>Works>平屋に住む

たてものがたり平屋に住む

  • 家族構成:夫婦
  • 単世帯
  • 里山

所在地:神奈川県川崎市

竣工:2018年4月

構造:木造平屋

延床面積:50.13㎡

敷地面積:257.22㎡

お客様の声

ふたり暮らしにちょうどいい

以前の家は大きいばかりで寒かったので、ふたり暮らしにちょうどよく快適に過ごせる家にしたかったのです。はじめは建物を減築するリノベーションも考えましたが、築年数がだいぶ古かったので、鈴木工務店にいろいろ相談して平屋に建替えることに決めました。何しろ45坪の2階建てを15坪の平屋にするのだから、物も暮らしもずいぶん整理しました。おかげですっきり身軽になって、これからの家での暮らしを気持ち新たに楽しめます。小さく建替えて、内装もできるだけシンプルにした分、冬はあたたかく夏は涼しく過ごせるように家の性能を大切にしました。畑仕事をしたり、家では窓からの景色を眺めたりしながらのんびり過ごします。広くなった庭は、自分で手を入れながら徐々に整えていきたいです。

設計のポイント

建替えかリノベーションか

子供が独立し、夫婦ふたりの暮らしを考えたとき、建替えますか?それともリノベーションしますか?木造2階建てを減築するリノベーションから始まった計画は、平屋への建替えになりました。里山の風景に囲まれた代々暮らす敷地に、冬あたたかく夏涼しい、地震にも安心できる老後の暮らしを願ったご夫妻の結論でした。この家は、冬は太陽の熱を取り入れ、夏は日射を遮り、里山を渡る風が抜ける心地よい暮らしを、シンプルでコンパクトに実現しています。