Works家と暮らしの「たてものがたり」
[事例ご紹介]

トップ>Works>自然と暮らす家族の巣

たてものがたり自然と暮らす家族の巣

  • 家族構成:夫婦+子ども2人
  • 単世帯
  • 斜面

所在地:東京都町田市 竣工:2016年4月 構造:木造2階建て 敷地面積:213.43m2 延床面積:85.50m2

主な仕様:ダクトタイプエアコン

お客様の声

里山の景色を楽しみたい H様

豊かな自然と田園風景に惹かれて、町田市に残る里山の裾に土地を購入しました。敷地は高低差のある北側傾斜地。設計事務所や他の工務店に依頼するも、平坦地のほとんどない敷地に苦戦したのか、満足のいく提案は得られませんでした。しかし、相談に訪れた鈴木工務店からは、敷地を見て「ここは素敵な家が建ちますよ」という言葉が。初めてのポジティブな反応に安堵したのを覚えています。

家族が集まる2階のダイニング・キッチンからはもちろんのこと、1階のどの部屋からも里山の景色をたのしめるのが嬉しくて。木のぬくもりを感じる天井に床、白い壁。まさに、こんな内装の家に住むのが憧れでした。自然素材の内装は子供たちにとっても気持ちがいい様子で、以前にも増して元気に家中を駆けまわっています。

設計のポイント

敷地の高低差を生かす

高低差が4.3mある北側傾斜地で、地盤改良や基礎工事にも工夫を重ねています。町田市鶴川の原風景である里山の景色は素晴らしく、これをどう楽しむかが設計のポイントになりました。大きな窓ですべてを見せるのではなく、ダイニング、浴室、階段ホールの多目的コーナーなど、居場所ごとに風景を切り取る額縁のような窓をつくることで、家中どこにいても景色の豊かさを感じられます。

道路に接する敷地の高い場所から2階玄関へアプローチしてLDKへ。スリット状の窓から外の景色に視線が抜けます。ダイニング隣の畳スペースは天井を低く抑え、客間として使えるほか、日常ではお子さんたちの遊び場として「秘密基地」のような場所にもなっています。