About us会社案内

トップ>会社案内

メッセージ・企業理念

訪れた家で、ついつい居心地の良さに引き込まれ、「腰が上がらない」経験をされたことはありませんか。 遊びに来た人がもうちょっとここでくつろいでいたいなと感じる、そんな家をつくりたいといつも考えています。 家づくりの第1章は「be spoken」から。それは、住む人の心に耳を傾けること。 住む人のやりたい事や暮らしを描き出して、プランや空間に表現することだと考えています。 住む人々とのコミュニケーションが深まるほどに、個性の滲んだ風景が織り込まれた 十人十色の「いえものがたり」となり・・・住む人の誇りとして家に刻まれていきます。 家づくりの第2章は「暮らし」から。その家で積み重ねる毎日の暮らしが、陽だまりの窓ぎわや団らんの時間などと結びついて家の記憶となり、 家族の物語を紡いでいきます。そうして家族の日常が織り込まれた家は、心の故郷になると考えています。 そして、第3章は「住み継ぐ」こと。代々住み継がれてきた家には、心に残る物語も語り継がれていきます。 私たちは、皆さまの暮らしの変化に寄り添い、家の経年変化にもお付き合いします。 世代を超えたそれぞれの「物語」を見守り支えるお手伝い、「家守」を大切にしています。 住み継がれ、家族の時の旋律を奏でる、いえものがたり。 これからも・・・

住む人の誇りが 私たちの誇り

5つの約束

  • 1コミュニケーションを大切にし、信頼関係を築きます。
  • 2お客様のニーズと土地の特性から最適解を導き、仕事に反映させます。
  • 3技術を磨き知識を更新し、安らぎも驚きもある住まいづくりに活かします。
  • 4公正で明瞭な見積りとスケジュール管理を通して、納得のいく仕事と納期を実現します。
  • 5引渡し後も継続的なお付き合いを通して、安心と暮らしの知恵を共有します。
Suzuki Design & Buildのメインシンボル。 私たちの想いが詰まったロゴのご紹介

すずきの人

新築・リノベーション・メンテナンス

  • Shimura Yoshihiko志村 芳彦

    一級建築士、施工管理、気密測定士 1998年9月入社

    家づくりを通してお客様の暮らしの夢をデザインします。建てるときも、建ってからもお付き合いは続きます。地域に根差した工務店の使命です。

  • Tanaka Hiroshi田中 博

    二級建築士、設計・積算担当 2002年8月入社

    木造の家づくりが好きで今の仕事につきました。温故知新の家づくりを通して一人一人のお客様の理想の家の実現に取組んでいます。

  • Kataoka Iwao片岡 巌

    一級建築士 2002年12月入社

    今までの暮らしぶり、こだわりをお伝え下さい。これからの生活を想像してみてください。生活をシンプルにする十人十色の家づくりを。

  • Tada Yuuki多田 祐基

    設計・現場施工管理、うちエコ診断士 2011年11月入社

    住宅における豊かな空間・暮らしとは何かをいつも考えています。引渡し後もお客様に笑顔と安心を届けられるよう努めます。

  • Oguri Katsumi小栗 克巳

    一級建築士、既存住宅状況調査技術者、設計・リノベーション・アフターメンテナンス 2012年2月入社

    「住む」ことは生きることそのもの。住まいが人を豊かにもします。「こと」づくりのいろいろな場面に立ち会えることは幸せです。

  • Houjyo Takumi北條 巧

    設計・現場施工管理、うちエコ診断士 2013年4月入社

    住宅という「たてもの」から、お客様とともに歩んだ家づくりの軌跡を物語る「たてものがたり」をつくっていきたいと思います。

  • Fujimura Yoko藤村 陽子

    一級建築士、福祉住環境コーディネーター二級 2016年11月入社

    私にとって鈴木工務店の家はうたた寝が似合う家。どんな要素がそうさせるのか?感じにきませんか。

大工

  • Horoya Akio袰屋 朗男

    大工、木建作業主任者 1987年6月入社

    人に教えを乞う学びと、自ら失敗を繰り返して得る学びがあります。大工の仕事は、そうした努力を重ねた先に拓けます。

  • Usui Yoshihisa薄井 義久

    大工、足場組み立て主任者 2006年3月入社

    鈴木工務店の仕事を始めて13年が経ちます。お客様が安心して住み続けられる家、満足し喜んでいただける仕事を目指して頑張ります。

  • Nakane Hitoshi中根 仁

    大工、二級建築士 2006年9月入社

    熱い想いは心の奥に、現場作業はスマートに。設計・施工・職人がチームプレーで励みます。

  • Ogawa Humiya小川 郁弥

    大工、二級建築大工技能士 2010年4月入社

    生まれ育った町田の土地に、自分の仕事を残せることは幸せです。住む人の誇りは自らの誇りでもあり、一邸一邸心を込めてつくっています。

  • Usui Yusuke薄井 優介

    大工 2017年4月入社

    大工見習をしています。自分にできる事に対してひとつずつ一生懸命に、元気よく取り組み、日々成長していきたいです。

広報スタッフ

  • Nishino Hiroko西野 博子

    総務 2002年3月入社

    家は、その人の、家族の人生そのもの。入社間もない頃に出会ったお施主様のお子様達が、今では立派に成人され、本当に感慨深いです。

  • Hatano Satoko畑野 暁子

    広報 2017年11月入社

    人と建物、土地とつながる工務店であり続けるために。お客様と地域とふれ合いながら、暮らしの輪を広げていきたいと思います。

  • Ujike Rie氏家 理恵

    広報 2017年1月入社

    地元に伸びた鈴木工務店の太い根っこを、少しでも太く、広く伸ばしていけるよう、務めていきたいと思います。

代表

代表取締役 鈴木 亨(一級建築士)

  • 南多摩郡鶴川村字能ヶ谷に生まれる
  • 1971年武蔵工業大学(現東京都市大学)建築学科卒業・廣瀬鎌二研究室
  • 1971年〜渡欧
  • 1972〜75年渡英 ERNO GOLDFINGER設計事務所、RSRP(Richard Sheppard, Robson&Partners / 現Richard Sheppard)設計事務所
  • 1976年帰国。鈴木工務店を継ぐ
  • 1987年〜町田青年会議所理事長、能ヶ谷町内会長、町内会館建設委員長など、地域活動に務める
半世紀も前になりますが、イギリス、フランスでの約5年間の暮らしは、歴史の重厚さの中に明るさがありました。歴史を残しながら、暮らしの変化に対応するアイデアと情熱を感じたものです。一方で、日本では自分たちの過去の記憶が消え失せていく寂しさを覚え、「可喜庵」を住み継ぐことでそこに残る記憶のすばらしさを理解するようになりました。この、欧州と日本の二つの原風景から、残したくなる「普通の家」を創るたのしさを知りました。

好きな言葉は桃李不言 下自成蹊

史記の言葉で、おいしい実のなる桃の木の下には人が集まり道ができることから、自然と人が慕い寄ってくることのたとえ。そんな家づくりを目指しています。

沿革

宮大工・鈴木喜三郎の手により創業。二代目の重吉は建築学校卒業後、韓国・中国へ渡り、工業高校で教鞭をとるなどしながら、インド・中国・韓国の建築史を学びました。帰国後、建築史家として地域の文化財保護に尽力し、さらに神社仏閣の設計・施工に携わる傍ら材木商も併設しました。 三代目となる鈴木亨は、幕末に建てられた茅葺きの可喜庵で生まれ育ち、大学で建築を学んだ後はイギリスで設計の仕事に従事しました。帰国後、鈴木工務店を引き継ぎ、設計デザインと専属大工による施工が結びつくSUZUKI DESIGN&BUILD の体制を築いています。

  • 1887年(明治20年)

    初代 鈴木喜三郎が宮大工として活躍
  • 1956年(昭和31年)

    二代目 鈴木重吉が鈴木工務店、鈴木木材店を開設(設計事務所を併設)
  • 1977年(昭和52年)

    有限会社 鈴木工務店を設立 住宅(古民家改修工事を含む)店舗等を手がける
  • 1991年(平成3年)

    株式会社 鈴木工務店に改組(設計事務所、木材店を併設) OMソーラーに加盟
  • 1993年(平成5年)

    住宅の品質向上をはかり、住宅保証機構に加入
  • 1999年(平成11年)

    OMソーラー完成保証制度利用開始
  • 2006年(平成18年)

    可喜庵(旧自邸)改築 サロンとしてオープン
  • 一代目 喜三郎/香山園庭園美術館
  • 二代目 重吉/麻生不動院・寺社改修・住宅

鈴木工務店が目指す家

メッセージロゴと企業タグライン

「建築は凍れる音楽である」。2010年に私たちは先人のこの明言を「物語織り込み 旋律奏でる家」というタグラインを通して表現しました。 家を建てる過程には物語があります。建て終わりお引き渡しの後も、暮らす家には物語が刻まれていきます。末永く住まわれる家には住まい手の記憶を留め「織り込みゆく」ものです。また「織り込まれた」記憶は、暮らしの中で何度も追体験されます。それが「家が音楽(旋律)を奏で、思い出を再生する」というイメージです。 私たちがお手伝いして建ててゆく家。そこに住まわれるお客様の暮らし。そこからは、当然のように楽しい音楽が漏れ聞こえてくる。それが鈴木工務店が目指す家づくりです。この楽しい家のイメージは、当社の「メッセージロゴ」と「タグライン」の両方に反映されています。

タグライン:ものがたり 奏でる家

「物語織り込み 旋律奏でる家」を、より親しみやすくしたものが「ものがたり 奏でる家」です。 これが設計と施工の両方に強みを持つ当社の新しいブランド、Suzuki Design&Buildの鈴木工務店の新しいタグラインです。

メッセージロゴ

Suzuki Design&Buildのメインのシンボルとなるロゴです。ここにご紹介致します「新・山喜ロゴ」を中心に、当社の特徴をあらわす要素をちりばめました。このメッセージロゴの要素ひとつひとつには意味があり、それらの実現を目指すのがSuzuki Design&Buildです。

コーポレートカラー

ロゴ全体の深い橙色は柿の色。古くから親しまれ、日本の多くの家庭で育てられた伝統果実の柿。 豊饒と知恵、原風景、可喜庵(鈴木家)の敷地内にある「温故知新」の象徴です。

ボーダレス

メッセージロゴ全体はボーダーレスなデザインです。境界線がないことで、«新・山喜»が表現する鈴木工務店の象徴的中核としての<可喜庵>が、多くの人々にとって共通の<ふるさと>として、原風景として、またコミュニケーションの中心として働きます。 垣根のないコミュニケーションにより、施主と協同で建て、住みこなされる家からも「喜び」が外に漏れ出し、周辺へと広がっていくことへの期待が込められています。

会社概要

  • 会社名 鈴木工務店
  • 代表者 鈴木 亨
  • 創業 1887年(明治20年)
  • 法人設立 1977年
  • 資本金 2000万円
  • 建設業許可番号 東京都知事(特-26)第49088号
  • 事務所登録番号 東京都知事登録 第16984号
  • 取引先銀行 横浜銀行 鶴川支店、みずほ銀行 新百合ヶ丘支店、八千代銀行 鶴川支店
  • 電話番号 042-735-5771(FAX:042-735-3323)
  • メール info@suzuki-koumuten.co.jp

アクセス

小田急線「鶴川駅」より徒歩8分世田谷通り沿い 〒195-0053 東京都町田市能ヶ谷3丁目6-22(旧住所:東京都町田市能ヶ谷町740番地)