SDGsへの取り組み実施に向けた取り組み

トップ>SDGsへの取り組み>実施に向けた取り組み

  

実施に向けた取り組み

持続可能で強靱な、地域の経済、社会、環境の統合的向上を実現させる先駆けになる

2019年3月14日に開催されたSAREXのワークショップで、メンバー工務店の一人から、持続可能な開発目標(SDGs)について、取り組むべきかどうかが提起されました。2019年6月20日に開催されたSAREXのワークショップで、SDGsへの取り組みを反映した住宅政策について、国土交通省住宅生産課・長谷川課長(当時)に解説いただき、SDGsへの貢献が単に社会的責任だけでなく、工務店がSDGsに即した事業展開をすることで、事業をより確実なものにする大きな機会であることを知り、鈴木工務店を含むメンバー工務店8社が集まり、SAREX事務局とともに、実施指針の策定を始めることにしました。

何回もの検討会を重ねて、2019年10月29日SDGs実施指針を決定しました。この指針は、「持続可能で強靱な、地域の経済、社会、環境の統合的向上を実現させる先駆けになる」というビジョンを掲げ、SDGsの17のゴールを、地域の工務店に即して再構成した9+1(sarex事務局での取り組み)の優先分野の下で、具体的な目標を評価指標とともに掲げています。

具体的な目標の中には、SAREX事務局のみが該当するものや、工務店によっては地域状況から実現が難しいものもあり、この指針をもとにそれぞれの工務店に合わせ、目標と評価指標の設定を行いました。


実施指針

鈴木工務店のSDGsへの取り組み

  1. 01持続可能な開発目標(SDGs)とは

  2. 02SDGs実施に向けた取り組み

  3. 03快適で安心そして災害に強靭な住まい

  4. 04持続可能な経済、社会、環境を地域から

  5. 05地域を支え、頼りにされる仕事を未来につなげる