SDGsへの取り組み持続可能な経済、社会、環境を地域から

トップ>SDGsへの取り組み>持続可能な経済、社会、環境を地域から

持続可能な
経済、社会、環境を
地域から

エネルギーをみんなにそしてクリーンに つくる責任つかう責任 陸の豊かさを守ろう
 

住宅の高性能化とパッシブな設計やエネルギーミックスにおける再生可能エネルギーの割合を拡大させることなどにより、居住部門におけるCO2排出を削減します。
また持続可能な体制でつくられた木材を積極的に使用し、川上と川下の植える、使うという木材サイクルを支援し、日本の森の豊かさを守ります。
そしてモデルハウスやイベントなどを通じ、持続可能な開発及び自然と調和したライフスタイルに関しての情報の提供と意識の醸成を行っていきます。

7. エネルギーをみんなに そしてクリーンに

すべての人々に手ごろで信頼でき、持続可能かつ近代的なエネルギーへのアクセスを確保します

7.1

居住部門におけるCO2排出を削減し、エネルギーミックスにおける再生可能エネルギーの割合を大幅に拡大させる。

7.2

住宅の高性能化とパッシブな設計により、多くともエアコン2台で全室暖房、全室冷房を達成する。これによって各室エアコン設置といった設備機器で対処する消費エネルギー効率の悪化を防止し、一次エネルギー消費量を減らすことが暮らしの中で見える化できる。

7.3

地域新電力会社に参加し、地域で作られた再生可能エネルギーをそのまま地域で使うことにより、環境に配慮したまちづくりの実現を目指す。電気使用料金として地域から流出していたお金を、できる限り地域にとどめ、地域内で循環させることにより、地域経済の活性化を図り、いっそうの再生可能エネルギー創出を目指す。

12. つくる責任 つかう責任

持続可能な消費と生産のパターンを確保します

12.1

木材など天然資源は持続可能な体制でつくられたものを使用し、かつ地産地消に努め、輸送にかかるエネルギー消費を削減する。

12.2

とりわけ断熱材がそうであるが、発泡系の化学素材で低価格で高気密高断熱がしやすいものがある。しかし廃棄する場合に分別が難しく、リサイクル可能かどうかも明らかにされていない。建設時に便利であっても、再生しにくいものはできる限り使用しないようにする。

12.3

木材加工場から出る端材や大鋸屑などを、必要としている厩などの他社へ提供する。

12.4

モデルハウスや完成見学会などでの展示およびイベントを通じ、持続可能な開発及び自然と調和したライフスタイルに関しての情報の提供と意識の醸成を行っていく。

15. 陸の豊かさも守ろう

陸上生態系の保護、回復および持続可能な利用の推進、森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土地劣化の阻止および逆転、ならびに生物多様性損失の阻止を図ります

15.1

日本の森の豊かさを守るためには、積極的に木材を使用する必要がある。川上と川下の植える、使うということで育てるを支援し、山の木の好循環なサイクルを顧客とともに構築し、山元と連携し、木の魅力を顧客にアピールして、森林の持続可能な経営を支援する。

15.2

家づくりの中で外部空間、外構に緑のある家づくりというのを設計の中で必ず提案するようにする。山は遠い存在という意識はあるが、住宅の外構、緑に関心を向けることから、陸上生態系の保護、回復につなげていく。

鈴木工務店のSDGsへの取り組み

  1. 01持続可能な開発目標(SDGs)とは

  2. 02SDGs実施に向けた取り組み

  3. 03快適で安心そして災害に強靭な住まい

  4. 04持続可能な経済、社会、環境を地域から

  5. 05地域を支え、頼りにされる仕事を未来につなげる