Works家と暮らしの「たてものがたり」
[事例ご紹介]

トップ>Works>土間のある二世帯住宅

たてものがたり土間のある二世帯住宅

  • 家族構成:両親+夫婦+子供2人
  • 二世帯
  • 旗竿地

所在地:世田谷区松原

敷地面積:189.93m2

延床面積:150.00m2

竣工年:2015年

お客様の声

家族の気配と四季の変化を感じられる家 S様

家づくりで印象的だったのは、着工の時に業者さんや職人さんたちとの顔合わせの会があったことです。いろいろな人の手と工程を経て家ができるのだと改めて理解できましたし、現場でお会いしても話しやすく安心できました。敷地は旗竿型で、デッキのある庭は隣家に面していますが、木塀をつけたことで視線が気にならずリビングから庭の景色を満喫しています。木の実をついばみにくる鳥たちや、雨の日に現れるカエルの親子に会えるのも日々の楽しみです。デッキにつながる板土間には、生け花やひな人形などの季節飾りをしています。この家に住み始めてから、四季の変化を生活の中で感じられるようになりました。二世帯をつなぐ吹抜けを通して下りてくる光、軒天の木目など、好きなところがたくさんある家です。

設計のポイント

二世帯が集うゆとりのある共用空間をつくる

娘さんご夫婦とお子さま、ご両親が同居する二世帯住宅です。お話の中から「気兼ねなく、家族皆での暮らしを楽しみたい」という思いを感じました。1階に親世帯の寝室と二世帯共用の水まわり、LDKを設け、2階にコーヒーブレイクが出来る程度の湯沸しコーナーをご希望でした。親世帯と働き盛りの子世帯では生活時間が異なりますが、週末は一緒に料理をして食卓を囲む賑やかなシーンが展開されます。家族が集まる1階のリビング・ダイニングには、外のデッキにつながる板土間をつくりました。季節のいい時期には引き込み式の窓を開け放してアウトドアリビングのように使えます。2階の子供室は間仕切りを撤去してひと部屋にできるなど、将来の家族構成の変化に柔軟に対応するプランとなっています。