地盤改良

新町の家/地盤改良工事

圧送されたセメントミルクと現地盤の土と機械で撹拌してソイルセメントコラムを形成する柱状改良と呼ばれている工法で

2.8m位の杭を約70本打設しました。

事前に調査したボーリングデータに基き想定された支持層の土質かどうかを構造設計者と確認することが大事です。

(志村芳彦)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です