タタミとショウジ

40年ほど前に茅葺民家の大規模リノベーションを手がけた家の障子紙の張替えをしました。
最近の新築工事では、タタミの部屋も少なく、障子を設置する場合も少なくなっています。
大小さまざま、計45本の張替えを行い、空間の緊張感がよみがえりました。
雪見障子や格子のバリエーションなど、当時の質の高い仕事を目の当たりにでき、勉強になります。
障子は閉めた状態でも、周辺の緑や、日差しの変化など周辺環境を白地に映しこみます。(小栗克巳)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です