工事中しか見れない風景

現在施工中の生田の家は、スキップフロアーで1Fレベルは2層分の吹き抜けとなっています。

大きな吹抜けでは、梯子を掛けて作業するのは非効率で危険なため、大工さんが仮の作業床を作りました。最後には隠れてしまう構造と相まって、工事中しか見れない建物の原初的な姿を魅せる1枚となりました。

垂木(屋根を支える構造材)から漏れる光の様子もなかなかです。        (片岡 巌)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です