根津式倉庫

明治期に建てた間口10間奥行き4間に下屋と縁が回る、八王子から横浜へ続く「絹の道」沿いの元養蚕農家の改修のお話をいただき伺ってきました。

当時は絹に関係する商売も手広くされていたそうで、住込みの労働者も抱える大所帯のせいで家の大きかったようです。庭先に「根津式倉庫」の看板が掛る連棟の蔵が建っていました。鉄筋コンクリート構造で内部は木造仕上げでした。建築年代は判明しませんが、以前はこの蔵に絹を収納していたそうです。母屋と共にこの蔵も残せると良い記憶となると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です