山や海や

葉山御用邸の海岸から程近い、山の頂に建つ、葉山体感館(現在は、個人住宅として使用)の見学会に参加しました。OMソーラー考案者の奥村昭雄氏の設計で、南九州の特殊な土、「シラス」を活用した内装材「薩摩中霧島壁」や外装壁材「そとん壁」を体感できる施設でした。築16年経って外壁洗浄さえしていないそうですが、汚れもなく、古びれることもないのには驚かされました。元々住宅ではない大きなスケールですが、海への風景も山谷への風景も取り入れ、風が心地よく通り抜けるようなプランニングでした。(小栗克巳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です