傾斜地ならではの

2017年6月17日(土)の建築中現場見学会に来場いただきありがとうございました。
鶴川や玉川学園など、平坦な住宅地が少ない地域もあります。現在、敷地を探しているお客様にとって、傾斜地や崖地にどのように建物が建てられるかが、気になるところのようです。一見、不動産的には、不利な土地であっても工夫によって特徴に変えられること。緑の環境や景観、日当たりなど、平坦にこだわらず、お客様が魅了される土地にめぐりあっていただきたいことなどをお話させていただきました。
今週末の完成見学会『すきな ば にくらす』は段差のある敷地を活かしたスキップフロアの住宅です(小栗克巳)。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です