玄関に繋がる橋

相原町の家はいよいよ完成間近で、先日駐車場から玄関へ掛かる橋が完成しました。

橋は骨組みが鉄骨で、手摺は落下防止のため縦格子となっています。

また、木部は目隠しの高さと、手摺としての高さの2パターンありどちらも材種、仕上げが違うので表情が豊かになっており雰囲気が出ました。

出かけるときも、帰ってくるときも楽しい気分になるような、そんな玄関アプローチ(橋)に仕上がりました。

是非、見学会でご確認ください。

北條 巧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です