木造打ち放し

先日、構造見学会を開催させていただきました玉川学園の家は、2階の壁仕上げが構造用合板をそのまま現す仕上げとなっています。床はお客様こだわりのチークです。別名「木造打放し」と言われるこの壁仕上げと色の濃い堅木の床の組合せ、潔いコントラストが今までにない格好良さです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(片岡 巌)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です