給水管の詰まり

築47年の戸建住宅の改修にて
写真は老朽化した給水の鉄管の断面です。
管内が錆びて脹らんだ状態です。O
人間で言えば狭窄して血液の流れが悪くなった動脈硬化のようです。
20年位前までは鉄管は良く使われいました。
15年位前からは架橋ポリエチレン管になり腐食しにくくなり、また施工性もよくなりました。

志村芳彦

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です