旧園田邸

1955年竣工の吉村順三氏設計、旧園田邸の見学に行きました。

併せて住宅の根源的価値を考えるSAREXのワークショップが行われたのですが、まさしく旧園田邸はこのテーマを考えるにふさわしい住宅でした。

豊かな内部空間(陰影、マッスとボイド、斜めに振った居間入口)は洞窟を抽象・造形化したような印象を受けました。

01c771ef032a8eb0f199ec9aec75f9f143b088172c

多田祐基

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です