表情

リノーベションを行う住宅には、必ずといっていいほど、真壁和室があります。大壁にして柱を隠してしまえばよいのですが、経年によりよい表情になったものを隠蔽してしまうのはもったいないです。鴨居や貫などいろいろな欠き込みがあらわになりますが、埋め木をしたり(手前の柱)、面で化粧したり(奥の柱)、いろいろな方法であらたな表情を作り出します。(小栗克巳)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です