増築工事

敷地に余裕があれば、子供が成長して、個室が必要になった場合も増築によって対応できます。既存建物との関係で、計画上も、法規上もいろいろな制約がありますが、構造的に分離して、既存屋根のしたに新しい屋根を差し込むことで、構造と防水の問題を解決しました。(小栗克巳)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です