打ち放し

基礎工事中の保育園 エントランス袖壁は打ち放しコンクリート仕上げです。

打設時にコンクリートがうまく充填されるように、バイブレーターを掛けます。

特に化粧型枠を傷付けないように(傷が仕上げに転写されますので)外側より

型枠バイブを念入りにかけました。

P9190013

P9230014

型枠を外すまで心配でしたが、ジャンカ・色ムラがほとんど無くきれいに仕上がりました。

昨今の打ち放しは補修して打ち放し模様を施す打ち放し風が多くなり、

それを打ち放しと思ってらっしゃる方が多いようです。

志村芳彦

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です