展示館 パッシブ 追加

現在 改修中の家の展示館、先日 刻み加工を行った居間に付属する下屋の骨組を棟梁が建ち上げました。
屋根を薄く見せるために、厚さ36mmの杉の3層パネルを天井の仕上げ材を兼ねて跳ね出させています。
ほぼ南を向いているこの下屋、軒の出は 太陽の日射角が高い夏の日射は遮り、日射角が低い冬の日射は取り込める長さとして設定しています。展示館に新たなパッシブな要素が加わりました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(片岡 巌)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です