上棟

現在施工中の柿生の家、上棟しました。

近隣に家の立ち並ぶ柿生の家では、2階が居間の間取りとなっています。

この2階の空間的な特徴となるのが、屋根なりの勾配天井と、垂木(屋根を支える斜めの構造材)が織り成すリズムです。勾配になった天井、一部に組み込まれた斜め壁と相まって、空間にリズムと変化が生まれます。

建て方時しか見ることのできない、天井が張られる前の陽光を浴びる垂木の姿です。

垂木1

OLYMPUS DIGITAL CAMERA片岡 巌

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です