工事途中

実際に工事の始まった現場では、仕上がりの姿を想像しながら

大工さんを始め、職人さんがそれぞれの職域で建物を作り込んでいきますが、

骨組、下地が顕になった工事途中の姿は、最後には隠れてしまう

工事途中でしか見れないもう一つの建物の姿です。

工事途中の柿生の家、大工さんが壁の下地を建て込みました。開口部からの陽の入り方、光のまわり方、眺められる景色を確認です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

片岡 巌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です