屋根なりの

現在工事中の 柿生の家、二子新地の家では、両方とも居間は屋根なりの勾配天井となっています。

しかし、つくり、表情は全く異なっています。

柿生の家では、2階居間で屋根を支えるスッキリとした垂木を細かなピッチで見せる方法、

IMG_3022

 

二子新地の家では、1階居間の屋根が2階屋根につながり、太い登り梁を大きなピッチで見せる方法、

oguro

 

空間に合わせた、工法を採用しています。

出来上がりが楽しみです。

お楽しみに。

片岡 巌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です