造形的工作物

昨年末の着工以来、さまざまな敷地の状況により困難な工事となりましたが、基礎工事が完了しました。型枠をはずしてあらわれた姿は、造形的な工作物にも見えます。法的要件や、既存擁壁への配慮など与条件によって生み出された形状です。今後、上部の木造部分を上棟し、仕上げ工事が進むとどんどん印象が変わっていきます。お楽しみに。(小栗克巳)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です