高さ 人とモノ

現在計画中の川崎市高津の家では、御両親様が梨園を営まれていて、計画地近くにも梨の木があります。

梨棚の高さは、140cm程度と低目でしたので、お父様にその高さの所以をお伺いしたところ、

「祖父の背の高さで決まっているんだよ。」とのこと、

棚の高さは園主の背の高さで決まり、高くても低くても作業はしにくく、今の若い人の梨園の棚は高いそうです。

人とモノの寸法の関係、住まいと似ていますね。頻繁に使うものは取り出しやすい高さに、高い位置に仕舞われたものはなかなか日の目を見ない、押入れ・布団の収納高さは低すぎても、高すぎても上げ下ろしに負担になるなど。

この梨の木は戦前から育っているものだそうですが、今でも毎年400個程度の梨が収穫されるとのこと。

今までいくつのたわわな実を実らせ、ほおばる人を幸せにしてきたことでしょう。

(片岡 巌)

IMG_1990

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です