古くても小さくても残す

只今、築40年を越える小屋の改修工事が進行中です

施主様は、かつて曳家(ひきや)までして残してきたこの古屋を、壊して建て直そうかと、かなり迷われたそうです

 

つくる側からしても、改修工事というのは難しい部分もあります

しかし、

『活かせるものなら活かしたい』

『様々な記憶の刻まれた家族の歴史を次代へと繋いでいきたい』

そんな想いを大切にし、そのお手伝いをさせて頂けることに、

とても感謝しています

(田中寛人)

DSCF1390

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です