現場養生

先日、完成間際の現場で、床養生を剥しました。

養生材を剥しているときに思ったのは、
「養生を丁寧に行う大工の現場は、とても丁寧な仕事をしている」ということ。

良い仕事をするからこそ、傷がつかないように養生にも気を配るのですね。

この現場も、養生を剥すのは大変でした。
でも、剥すときより貼るときの方が何倍も大変なのです。

大工に感謝です。

IMAG2971

 

 

 

 

 

工事中は、ほとんど見られない床材があらわになり、室内の雰囲気が一気に「完成形」へと変わりました。
ぜひ、見学会で直接ご覧ください。(田中寛人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です